投資資金について少しでも「おかしい」と思う方、自分で判断する前に専門家にご相談下さい。損金なのか被害金なのか判断します。

投資資金について少しでも「おかしい」と思う方、自分で判断する前に専門家にご相談下さい。損金なのか被害金なのか判断します。

アパートから2人の遺体 認知症の母(91)と息子(66)か 東京・板橋区

令和2年12月25日
TBS NEWS より

 

24日、東京・板橋区のアパートの部屋で91歳の母親と同居する66歳の息子の遺体が見つかりました。母親は認知症を患っていたとみられ、警視庁は亡くなった経緯について調べています。

 

24日午前11時ごろ、千葉県に住む男性から「母親と弟が住む板橋区のアパートの管理人から、部屋の応答がないと連絡があった」などと通報がありました。

 

警察官が板橋区のアパートの部屋に駆けつけると、リビングのテーブルの近くで、この家に住む無職の五反田洋子さん(91)と次男の五反田靖さん(66)の遺体が見つかったということです。警視庁によりますと通報した男性は洋子さんが認知症を患っていたと話しているということです。警視庁は事件の可能性は低いとみていますが、亡くなった経緯などについて詳しく調べています。

 

Copyright © 2015 NPO法人 遺言相談センター All Rights Reserved.

〒700-0826 岡山県岡山市北区磨屋町7-8,086-201-4375 s_y_ansin@yahoo.co.jp

ページの先頭へ戻る